1. HOME
  2. NEWS
  3. 『SDGs時代の経済・社会開発』連続専門講座(ジェトロ・アジア経済研究所)

NEWS

会員発情報

『SDGs時代の経済・社会開発』連続専門講座(ジェトロ・アジア経済研究所)

ジェトロ・アジア経済研究所では、2021年10月から2022年3月まで、以下のとおり連続専門講座を開催します。

2030年を達成目標とする「持続可能な開発目標(SDGs)」の認知度は向上し、各種メディアでSDGsの話題を取り上げる機会もますます増えています。しかし、その17のゴールがどのような理念のもとに形成されているのかについて、多くの国民がきちんと理解しているとは言えません。そうしたなか、規模の大小・国際展開の有無にかかわらず日本各地の企業から、SDGsをより包括的に理解したいというニーズは高まっています。

こうしたニーズに応えるため過去3年間の実績を踏まえて、本年度も「SDGs時代の経済・社会開発」に必要な素養を身に付けるための、連続講座を実施します。

全8回で構成される本講座はこれまで同様、佐藤寛上席主任調査研究員(元国際交流・研修室長、元国際開発学会会長)を中心にカリキュラムを作成し、ジェトロ・アジア経済研究所の研究者、ならびに開発スクール(イデアス)卒業生などを主体とした講師陣を配置します。

この連続講座では、まず(1)SDGsに至る地球規模の開発の歴史的背景と諸問題を理解すること、(2)これらを踏まえSDGsの枠組みを活用して今後取り組むべき課題を理解すること、(3)現実に行われている(行われてきた)取り組みを例示しながら社会・経済開発の現場(政策レベル、プロジェクトレベル、コミュニティーレベル)でどのようなことが発生しているのか、についての理解を深めることを目指します。

これらを通して、各受講者が、ビジネスパーソン、NGOサポーター、開発専門家、社会的起業家などとして、それぞれの立場を活用しつつどのようにSDGs達成に向けて貢献できるのか、具体的なビジョンを描けるようになることを目指します。

本講座は、とくに以下のような方々にとって有益な内容となっています。

  1. 近い将来に国際開発分野の大学院留学を考えている方
  2. キャリアチェンジをして、これから国際開発の現場で働きたいと考えている方
  3. 現在の仕事の中で、SDGs達成に向けた事業を行いたいと思っている方
  4. 知識を身につけてプロボノなどでSDGs達成に貢献するNGO活動などに参加したいと考えている方
  5. 一般常識として、SDGsに関する幅広い知識を身につけたいと思っている方
  6. 企業でSDGs関連業務に携わって間もない方

皆様のご参加をお待ちしています。


開催概要

日程

  • 2021年 (1)10月16日、(2)11月6日、(3)11月27日、(4)12月18日
  • 2022年 (5)1月8日、(6)1月29日、(7)2月19日、(8)3月12日

2021年度下半期の土曜日に実施。
1日3コマ(うち1コマはワークショップの場合があります)×8日間
修了者(五回以上の出席+中間レポート提出)には修了書が授与されます。

会場

オンライン(ZOOMビデオミーティング)
※本講座はZoomを用いて行われ、ワークショップは双方向形式で実施します。
お申込みにあたり、以下の必要な環境・機材等の条件をご確認ください。

  1. 接続に必要なインターネット環境
  2. PC、タブレット
    (PC等には、カメラ・マイクが内蔵、もしくは外付けのWEBカメラが必要です)
  3. Zoomミーティング・アプリ
    (事前にご利用のPC等で、「Zoom」が利用可能かご確認ください。ZOOMミーティング・アプリも必要です)

使用言語

日本語

参加人数

50名(最少催行人数20名)
※定員になり次第、締め切ります。

参加費

・一般:6万0000円
・アジア経済研究所賛助会正会員:4万8000円(2割引)

申し込み先

以下のURLよりお申込みください。
https://www.ide.go.jp/Japanese/Event/Seminar/211016.html
※ジェトロ・アジア経済研究所のセミナーに初めてお申し込みされる方はユーザー登録が必要です。
※ウェブサイトにてお申し込み後、「申込受付完了のお知らせ」メールが配信されます。

申込締切日

2021年9月30日(木曜)13:00
※ただし、定員に達した場合、事前に締め切らせて頂きます。


本件にかんするお問い合わせ先

ジェトロ・アジア経済研究所
研究推進部 研究イベント課

  • 電話番号:043-299-9536
  • E-mail: SDGskoza [at] ide.go.jp(* [at] の部分を@に修正してご使用ください)

最新記事