1. HOME
  2. NEWS
  3. サステナブル・コットン勉強会 [全6回](10月14日)

NEWS

会員発情報

サステナブル・コットン勉強会 [全6回](10月14日)

日本サステナブル・コットン・イニシアティブ(JSCI)は、日本におけるサステナブル・コットンを推進するグループとして、2021年5月に設立されました(https://www.sustainablebrands.jp/news/jp/detail/1202701_1501.html)。JSCIの活動の一環として10月から「サステナブル・コットン連続勉強会(全6回)」を開催します。

この勉強会では、日本の企業と消費者がサステナブル・コットンへの理解を深めるために、サプライチェーンで発生する課題や様々な認証制度について紹介・解説をしていきます。

開催概要

  • 日時:2021年10月14日(木曜)16:00-17:30
  • 場所:オンライン(ZOOM)
  • 定員:90人(先着順)
  • 料金:企業・一般の方:シリーズ申込(全6回)20,000円/各回申込5,000円。教育機関と市民社会団体の方・学生:無料
    (所属先発行のメールアドレス(所属先ドメインが含まれるもの) を登録フォームにご記入ください)

第1回:サステナブル・コットンの見取り図

全綿花生産量の25%を超えて普及が進むサステナブル・コットン。サステナブル・コットンの概要と取組み事例、また代表的なものとしてオーガニックコットンの現状と事例について説明していきます。質疑応答あり。終了後に登壇者と参加者の交流時間を設けます(約30分)。

登壇者

稲垣貢哉(いながきみつや)

一般財団法人M.S.I.理事、一般財団法人 PBPCOTTON 業務執行理事、Textile Exchangeアンバサダー。インド小規模農家のオーガニック収量・生活向上、日本の繊維製造業を元気にするプロジェクト、中高大学生とSDGsを学び繊維業界のサステナブル化を応援するプロジェクトなどの活動を行う。

吉田秀美(よしだひでみ)

一般社団法人持続可能なサプライチェーン研究所(ジゾ研ISSC) 代表理事。法政大学 人間環境学部 Sustainability Co-creation Programme(SCOPE)特任講師、NGO、財団法人、開発コンサルティング会社を経て2008年から法政大学勤務。企業のCSR活動を通じた貧困削減を研究テーマとしており、2011年からインドの綿栽培農家を複数回訪問した。

お申込み先

参加申し込みサイト:
https://j-sus-cotton-1.peatix.com/view

申し込み締め切り日

2021年10月11日(月曜)


本件にかんするお問い合わせ先

主催:日本サステナブル・コットン・イニシアティブ(JSCI)

j.sustainable.cotton.initiative [at] gmail.com(* [at] の部分を@に修正してご使用ください)

最新記事