1. HOME
  2. NEWS
  3. JICA「NGO等提案型プログラム『活動で結果を出すためのコミュニティ開発講座』最終回」(11/3~)

NEWS

会員発情報

JICA「NGO等提案型プログラム『活動で結果を出すためのコミュニティ開発講座』最終回」(11/3~)

2020年3月から全10回続けてきたJICA NGO等提案型プログラム「活動で結果を出すためのコミュニティ開発講座」ですが、現在までに500名以上の受講がありました。2021年11月からの第九回講座がいよいよ最終回となります。この機会にぜひ受講ください。

もし受講が完了できない場合には、Facebookグループ内での動画視聴による補習が可能です。ただし、動画視聴の場合は終了証が出ませんので予めご了承ください。

◇講座の目的
この講座は、コミュニティ開発にかかわる国際協力プロジェクトに従事、またはこれから従事する予定のある人材がコミュニティ住民の活動の持続性を高めるため、地域住民の基礎力強化のためのキャパシティビルディングと、地域資源を市場志向で活用するための基礎知識とノウハウを学ぶためのものです。また、特にNGO等の限られた人的資源を使って費用対効果を最大化することを目指し、援助にかかわる側のプロジェクト形成、ドナーへの提案や報告能力の向上を目指します。

第九回講座・開催概要

基礎編

2021年11月3日(祝・水曜)、11月6日(土曜)・7日(日曜)、11月20日(土曜)・21日(日曜)
9:30-16:30(休憩時間を含む)

応用編

2021年12月4(土曜)・5日(日曜)、12月18(土曜)・19日(日曜)、12月26日(日曜)
9:30-16:30(休憩時間を含む)

この講座は同じ内容で2020年より実施しており、11月に予定している第九回講座が最終回となります。遠隔地・海外から受講できるネット講座を実施します。

カリキュラム

各講座は3時間を1コマとし、30時間(5日分)の基礎編(コミュニティ開発の基礎・プロジェクト・マネージメント能力の向上)と、同じく30時間(5日分)の応用編(コミュニティの経済的開発等)とに分かれています。なおカリキュラム内容や講義の順番は受講者のニーズ等に合わせて若干変更となる可能性があります。

◇参加資格

年齢、学歴、経験等問いません。
一つの団体から複数の方が受講されることも歓迎です。

◇参加費用

無料。以下は受講者の自己負担となります。なお予算に限りがある関係上、教科書の無償提供は予算がなくなり次第終了します。

  • 講義テキストの送料。日本国内はゆうパック代。コロナウィルスの影響で海外への送付は行えませんので、海外在住の方は国内の住所を指定していただくか、アマゾンKindle版を自己負担でご購入下さい。
  • 筆記用具類(ご自分でご用意ください)
  • インターネット受講する場合の通信費等

◇募集対象者

地域コミュニティを対象とした開発協力にかかわる、あるいは今後関わっていこうと考えている方ならどなたでも。具体的にはNGO/NPO関係者、学生、自治体職員、開発コンサルタント、ソーシャルビジネス/CSR活動関係者、社会起業家、JICA海外協力隊出身者、参加希望者等。 なおここで言うコミュニティ開発は、農林水産業・生活改善・保健衛生・コミュニティ観光開発・食品加工・一村一品・村おこし・その他を含み、地域コミュニティを対象とした働きかけ全般を指します。

カリキュラム内容等講座に関する詳細、受講申し込みはホームページでご確認ください。
https://hitonomori.com/jica-ngo.html


本件にかんするお問い合わせ先

有限会社人の森

この講座に関する問い合わせは受講申し込みサイト上に案内のある問合せフォーム、あるいはjicango [at] hitonomori.com(* [at] の部分を@に修正してご使用ください)までメールでお願いいたします。

最新記事