SRIDジャーナル第25号の発行

SRIDジャーナル第25号発行のご案内

昨年9月から検討されてきた開発協力大綱の改定は、本年6月に閣議決定されました。

開発協力大綱はODAの計画、実施、評価に際して重要な意味を持っています。

開発協力大綱改定の背景には地球規模の課題、開発途上国内の経済格差、地政学リスクの深刻化等の様々な要因が考えられます。

特集は「激動する世界の中の『開発協力(ODA)大綱』について考える」としました。巻頭エッセイ、論説、インサイトでは様々な視点から「開発協力(ODA)大綱」を論じています。

ブックエッセイに加えて、今回初めて「文芸作品」を取り上げましたが、その中でも深刻な開発問題を扱っています。途上国アルバムは、2回目のエジプトですが、今回は紅海に焦点を 当てた美しい写真をお楽しみください。

SRIDジャーナル編集委員長
湊 直信

SRIDジャーナル第25号・目次

SRIDジャーナルとは

特集:激動する世界の中の「開発協力(ODA)大綱」について考える

巻頭エッセイ
浅沼信爾: 「イヤな時代」の到来と新ODA大綱

論説・インサイト
大野泉: 新開発協力大綱にみる連続性と新規性
神田道男: ODA/開発協力大綱の変化の一側面
福田幸正: 開発協力大綱(案)にコメントしてみた ~自助努力支援を中心に~

徒然草
豊間根則道: エチオピアのユーカリの木

国際開発研究・教育探訪
横浜国立大学大学院:小林誉明ゼミ

ブックエッセイ/書評
高橋一生:ポスト世俗化の時代

(文芸作品)
佐藤桂子: 躍進するインドの深い闇:現代版神隠し

SRID活動報告
山下道子:Newsletter No. 1~No. 530に見るSRIDの歴史

途上国アルバム
池田明子:エジプト 紅海との衝撃的な出会い

編集後記

投稿規程


本件にかんするお問い合わせ先

SRIDジャーナル編集委員会
中島千秋

  • registration [at] (* [at] の部分を@に修正してご使用ください)

*以前読者登録していただいた方で、アドレスを変更された方は、お手数ですが、上記メールアドレスまで、新しいアドレスをお知らせいただけますようお願いいたします。