新刊案内:安部雅人 著『人新世における失われた世界の未来―米国社会の分断と中国社会の権威主義を中心に―』

国際開発学会(※社会的連帯経済研究部会所属)会員の安部雅人(Masato Abe,Ph.D.)と申します。

この度、『人新世における失われた世界の未来―米国社会の分断と中国社会の権威主義を中心に―』(三恵社)【本体2,500円+税10%】【ISBN : ‎978-4-86693-756-4】を上梓致しましたので、御紹介させて戴きます。

「人新世(Anthropocene)」という言葉は、東京大学大学院総合文化研究科・東京大学教養学部の斎藤幸平准教授が執筆された「人新世の『資本論』」により、今日、広く耳にするようになっております。

この「人新世(Anthropocene)」という言葉は、ギリシャ語の「人間の新たな時代」から由来したものであり、人類による地質への影響や生態系に与える影響を鑑み、地質時代における12,000年前の農耕革命が始まった時期から現代を含む区分です。

「人新世(Anthropocene)」の最も若い年代、特に第一次世界大戦後から今日に至る時期においては、人類の技術革新が飛躍的に進んだ時期でもあります。特に21世紀以降においては、グローバル化による世界的な社会経済の発展と共に地球環境の変動が劇的に増加することになり「人新世(Anthropocene)」における「Great Acceleration(大加速)」と呼ばれるようになりました。

この「人新世(Anthropocene)」における「Great Acceleration(大加速)」の特徴は、地球温暖化等の気候変動、大量絶滅による生物多様性の喪失、リサイクルが難しい化学物質の大量排出による生態系への影響、化石燃料の燃焼による汚染物質の増加等により、地球全体の生命体が絶滅を含む危機的状況に陥る等、多岐に渡っております。特に、その多くが人類の活動が原因とされております。

他方、「人新世(Anthropocene)」における「Great Acceleration(大加速)」の状況下において冷戦後の旧ソビエト連邦の崩壊により誕生したロシアは、その初期においてペレストロイカによる社会構造の変化および急激なグローバル化の波にうまく対応できず、国内の経済的な混乱、国力の低下といった「負の側面」に晒されていくことになります。

それに対して、中華人民共和国(以下、「中国」という。) は、国際世論の厳しい批判を受けながらも冷戦後に発生した「第二次天安門事件」を武力鎮圧により収束させた中国共産党中央軍事委員会主席 (1981年~1989年) 鄧小平(以下、「鄧小平」という。) の決断により「改革開放」路線の継続を進めていった結果、高い経済成長を遂げると共に「世界の工場」としての地位を揺るぎないものにしております。

実際、中国の台頭により、外交戦略・経済戦略・安全保障戦略・環境戦略等に係るパワー・バランスに変化が生じております。「国際政治経済の重心」が大西洋から太平洋に移行したことで、アジア太平洋地域は、世界の「国際政治経済の重心」となりつつあります。そして、その将来の行方は、世界的な関心の対象となっております。

経済的な側面からみると、2022年時点では、世界第1位の経済大国がアメリカ合衆国(以下、「米国」という。)であり、第2位が中国であり、そして、第3位が日本であります。こうした世界の最も巨大な三つの経済大国がアジア太平洋地域を取り囲んでいるところを軍事大国であるロシアが北から注視していることになります。それ故にアジア太平洋地域は、世界で最もダイナミックかつ世界で最も注目される重要な地域であると同時に、この地域では、領土問題や安全保障上の対立が溢れており、偶発的な軍事衝突が起こりうる緊張も数多くみられます。そのため、この地域における今後の動向が将来の世界秩序の行方を大きく左右するといっても過言では、ありません。

そこで本著書は、「人新世における失われた世界の未来」と題して、「人新世(Anthropocene)」における「Great Acceleration(大加速)」の状況下における米国社会の分断と中国社会の権威主義について分析し考察すると共に今後の米中両国を含む国際社会の外交戦略・経済戦略・安全保障戦略・環境戦略等の特徴について論じております。

なお、本著書は、次のとおり、序章を除く9章によって構成されております。

本著書において示されている各種事例が、国際開発をめぐる知的営みに関心を持つ皆様にとって、一本の新しい補助線になれば幸いです。

Amazonによる紹介:

もくじ

序章

第1章  米国社会におけるトランプ政権の登場と影響
第1節 はじめに 7
第2節 2020年米国大統領選挙の概況 9
第3節 トランプ政権の光と影 15
第4節 むすび 18

第2章  トランプ政権下における米中対立と安全保障戦略
第1節 はじめに 20
第2節 トランプ政権下における新たな安全保障戦略とマネジメント 21
第3節 安全保障と武器輸出の拡大 23
第4節 むすび 28

第3章  米国社会における差別問題と負のスパイラル
第1節 はじめに 29
第2節 米国社会と人種差別 30
第3節 むすび 35

第4章  中国における「社会主義現代化強国」の実現とエネルギー資源調達のリスク分散
第1節 はじめに 37
第2節 中国の「社会主義現代化強国」を実現する時代 37
第3節 脱炭素社会における米中戦略の相違 41
第4節 むすび 44

第5章  中国の「核心的利益」と「一帯一路」構想
第1節 はじめに 45
第2節 中国の国際的役割と対外援助政策 45
第3節 むすび 49

第6章  中国社会におけるウイグル人
第1節 はじめに 51
第2節 (仮称)特定地域における民族間の勢力均衡論(ドミノ式) 53
第3節 シルクロード世界とウイグル人 54
第4節 むすび 58

第7章  国立大学の法人化と門戸開放
第1節 はじめに 59
第2節 国立大学の改革と外国人留学生 59
第3節 日本における中国からの留学生 63
第4節 東北大学における外国人留学生 65
第5節 むすび 70

第8章  現代の「進撃の巨人」:中国の進路
第1節 はじめに 72
第2節 地域別人口動向と中国 72
第3節 中国経済力の拡大と先進国から新興国および発展途上国への経済力のシフト 75
第4節 人口減少と国力との関係 76
第5節 中国における「法治」と「党治」 81
第6節 むすび 82

終章  人新生における失われた世界の未来
第1節 アジア太平洋地域における「価値観の相違」 83
第2節 グローバル化と貧困 85
第3節 「改革開放」と中国の産業立国化 86
第4節 米国と中国における国内での経済的格差 86
第5節 米国のアフガニスタン撤退と中国の進出 88
第6節 欧米諸国および中国におけるロシア産天然ガスに対する輸入戦略の違い 91
第7節 平和のための戦略 94

あとがき
参考文献
索引


本件にかんするお問い合わせ先

(出版社) 株式会社 三恵社

  • 〒462-0056 愛知県名古屋市北区中丸町2-24-1
  • TEL 052-915-5211
  • FAX 052-915-5019
  • URL:

(著者)安部雅人(Masato Abe,Ph.D.)

  • kojokan2000 [at] (* [at] の部分を@に修正してご使用ください



横浜支部(2024年2月)

代表メンバー(第12期:2024年度)

支部長

志賀裕朗(横浜国立大学)

副支部長

吉田栄一(横浜市立大学)

監事

佐藤峰(横浜国立大学)

事務局長

小林誉明(横浜国立大学)


2024年度の支部活動スケジュール

4半期に1回程度、研究会および研究交流・情報交換会を行う。今年度は学会員以外へのアウトリーチ活動を積極的に検討する:

  • 2023年10月:定例研究会開催
  • 2024年03月:定例研究会開催
  • 2024年07月:定例研究会開催
  • 2024年09月:定例研究会開催

女性会員、外国人会員、若手研究者(若手正会員)の活動奨励策

若手会員(留学生を含む)が研究(修士論文、博士論文を含む)のアイディアを発展させるための機会を増やすべく、定例研究会では積極的に若手の研究発表を推奨する。具体的には女性研究者が多い、社会開発や教育分野に重点を置く。

また、横浜市、神奈川県在住の外国人研究者との交流を深めるなどの働きかけを行う。

またJICAや世銀との留学プログラムへの留学生の発表の機会を提供すると共に、日本で博士課程に所属する女性外国人留学生の都市開発系のグループInterlabなどとの協力関係を強化することで、女性/外国人/若手研究者への活動奨励を行う。


横浜支部
支部長:志賀裕朗(横浜国立大学)




広島支部(2024年2月)

メンバー(第12期:2024年度)

支部長

市橋 勝(広島大学)

副代表

関 恒樹(広島大学)
金子 慎治(広島大学)


2024年度の支部活動スケジュール

  • 2023年12月 第1回支部会議(東広島)
  • 2024年 3月 第2回支部会議(東広島)
  • 2024年 6月 第3回支部会議(東広島)
  • 2024年 7月 第4回支部会議(東広島)
  • 2024年 8月 第11回西日本地区研究発表会(広島大学)

女性会員、外国人会員、若手研究者(若手正会員)の活動奨励策

外国人会員や若手研究者の育成を促進するため、年に1度開催している西日本地区の研究発表会では広く外国人留学生などにも入会を呼び掛けるようにしているので、今年度もそういう働きかけを行なっていきたい。


広島支部
支部長:市橋 勝(広島大学)




報告募集「京滋支部・研究報告会」4月5日締切(会員・一般)

京滋支部では、研究(計画)発表・交流会を下記の日程で開催を予定しております。

研究成果に加え、中間発表(たとえば研究テーマ、背景、意義、研究仮説、予想される結論・政策提言など)も歓迎いたします。

若手・院生会員の全国大会発表に向けた準備を後押しし、また外国人留学生と日本人研究者の研究交流の促進も企図しています。ぜひふるって応募ください。

開催概要

  • 日時:2024年4月20日(土曜) 13:30-17:30
  • 方法:ハイブリッド(オンライン参加のURLは追って参加者に連絡します)
  • 会場:立命館大学朱雀キャンパス(JR・地下鉄 二条駅)
  • 言語:日本語/英語

発表時間:

一人あたり15分程度(応募者数によります)の発表と意見交換10-15分を予定しています。

募集期限:

2024年4月5日(金曜)23:55

応募方法:

報告概要(300〜400字、または英200-250語程度)、およびJELコードまたはキーワード(3から5個)を以下のGoogleフォームに提出

Keiji Branch, Call for research report

JASDI Keiji (Kyoto, Shiga) will have a research conference and exchange
(in-person/online).

This is intended to assist young researchers and graduate students to
prepare for his/her presentation in the JASID annual conferences, plus to
facilitate exchange between foreign students and Japanese scholars and
researchers.

Date: April 20, 2024, Saturday, 13:30-17:30
Venue: Ritsumeikan Suzaku Campus (JR/Kyoto Subway NIJO Station)
(In-person/Online)

Language: Japanese/ English
Presentation: 15 minutes (depending on # of presentors) followed by 10-15 miniute Q&A per presentation.

Deadline: 5 April 2022 (Fri) 23:55
Submit your abstract (about 200-250 words) and JEL codes/3-5 key words at

E-mail: @

※We welcome applications from researchers and graduate students of various backgrounds.


本件にかんするお問い合わせ先

JASID 京滋支部
渡邉松男(京滋支部長:立命館大学)

  • [at](* [at] の部分を@に修正してご使用ください)



報告募集「京滋支部・研究報告会」4月23日開催(会員限定)

京滋支部では、研究(計画)発表・交流会を下記の日程で開催を予定しております。

研究成果に加え、中間発表(たとえば研究テーマ、背景、意義、研究仮説、予想される結論・政策提言など)も歓迎いたします。

特に若手・院生会員の全国大会発表に向けて準備を後押しし、また外国人留学生と日本人研究者の研究交流の促進も企図しています。ぜひふるって応募ください。

開催概要

  • 日時:2023年4月23日(日曜) 13:00-17:00
  • 場所:京都大学稲盛記念財団会館(神宮丸太町)Google Mapリンク:
    (対面/ハイブリッド:オンライン参加のURLは追って参加者に連絡します)
  • 報告言語: 日本語/英語
  • 発表時間:一人あたり10-15分の発表と意見交換10-15分を予定しています。
  • 募集期限:2023年4月7日(金曜)23:55

応募方法

報告概要(300〜400字、または英200-250語程度)、およびJELコードまたはキーワード(3から5個)を以下のGoogleフォームに提出


本件にかんするお問い合わせ先

JASID 京滋支部
渡邉松男(京滋支部長:立命館大学)

  • [at] (* [at] の部分を@に修正してご使用ください)



映画上映&トーク「徳林寺の空の下~別れと出会い~」12月10日開催(会員・一般)

名古屋市の徳林寺は、コロナ禍で帰国が困難になったベトナム人らを長期にわたって受け入れた。映像人類学者で移民研究者でもあるディペシュ・カレルは、寺にやってくる外国人、日本人、寺の住職やボランティアの様子を記録し、ドキュメンタリー映画にまとめた。

寺に出入りする日本人は「ただみんながここに集まって、おしゃべりしたり、一緒にご飯を食べたりしただけ。困ったことがあればできる範囲で助け合うのも当たり前のこと。それが特別なことに思われるような今の日本社会が問題なのかもしれない」と言う。

上映後、作品に登場する関係者と制作者によるトークプログラムを通じて、国籍や宗教の違いを越えた相互理解と共感を育む包摂的な社会の創造について考える。

映画:「徳林寺の空の下~別れと出会い~」

  • 監督:ディペシュ・カレル
  • 上映時間:100分
  • 音声:ベトナム語、日本語(日本語字幕あり)

開催概要

  • 日時:2022年12月10日(土曜)13:00-16:00
  • 会場(対面とWebinar併用):上智大学四谷キャンパス2号館414号教室(会場参加は先着70名まで)
  • 主催:上智大学アジア文化研究所

登壇者

  • 高岡秀暢(愛知県名古屋市相生山徳林寺 住職)
  • NGUYEN THANH NHON(同・ベトナム人僧侶)
  • 土井佳彦(NPO法人多文化共生リソースセンター東海 代表理事)
  • ディペシュ・カレル(映像人類学者、東京大学大学院情報学環・学際情報学府 客員研究員)
  • 齊藤麻実(Media Support International)

司会・進行

田中雅子(上智大学アジア文化研究所所員)

申込方法

1)対面会場参加者用 
2)Webinar参加者用 

映像制作助成:

  • トヨタ財団2020年度国際助成プロジェクト
    「日本にいる外国人留学生のVisual Ethnography 包摂的な社会の創造に向けて相互理解を深め共感を育む」、
  • 日本学術振興会2018年度外国人特別研究員奨励費
    「社会統合か平行社会の創出か:南アジアから日本への移民の映像で描く民族の地景の変化」

本件にかんするお問い合わせ先

上智大学アジア文化研究所

  • E-Mail: i-asianc [at] (* [at] の部分を@に修正してご使用ください)
  • 電話番号:03-3238-3697



報告募集『京滋支部・研究報告会』5月15日開催(会員限定)

京滋支部は下記の日程で、若手研究者の研究(計画)発表・交流会を、対面およびオンラインのハイブリッド形式で開催を予定しております。

これは研究者の中間発表(たとえば研究テーマ、背景、意義、研究仮説、予想される結論・政策提言など)をイメージしております。

とくに若手・院生会員の全国大会発表に向けて準備を後押しし、また外国人留学生と日本人研究者の研究交流の促進も企図しています。ぜひふるって応募ください。

開催概要

  • 日時:2022年5月15日(日曜) 15:00~17:50
  • 場所:キャンパスプラザ京都(JR京都駅徒歩5分)第4講義室(4階)(オンライン参加のURLは追って参加者に連絡します)
  • 発表時間:一人あたり10~15分の発表と意見交換10~15分を予定しています。
  • 募集期限:2022年4月23日(土曜)23:55

応募方法

以下の応募フォームに、報告概要(300〜400字、または英語200~250程度)、およびJELコードまたはキーワード(3から5個)を提出してください。
qiUpycFbTUTzbq8M6


本件にかんするお問い合わせ先

JASID・京滋支部
渡邉松男(京滋支部長:立命館大学)

  • [at] (* [at] の部分を@に修正してご使用ください)



京滋支部:2021年度活動報告(2021年11月)

京滋支部では、 2021年9月に、長浜市のNPO法人まちづくり役場が取り組む、「手作り鳥瞰図」によるまちづくりセミナーを開催しました。コロナ禍で海外調査、留学生の来日が制限されるなか、京滋地区ならではのローカルな取り組みに着目してきました。

作者である松井善和先生(元県立長浜高校長、美術科・社会科教諭)によれば、手作り鳥瞰図は、「①ネット上に載っている地図と比較すると手書きの場合、温かみがあり描き手の想いを載せられる②大きく載せたい町は大きく描くことができ、山間部の集落は手前の山で見えない場合があるが、デフォルメをして描くことが出来る。」という利点があるとのことです。

一方、「紙に描いていく情報は描き手が事前に把握していなければならない」という手間がかかる面があり、長浜の鳥瞰図の作成までには、約3年の調査期間を費やしています。

参加した会員からは、防災マップなどへの応用の可能性、他の地域への応用の可能性などの質問も出ました。松井先生によれば、防災マップへの応用も十分可能であること、他の地域としては、甲賀市での鳥瞰図を検討中であることなどが議論されました。

2021年10月以降の京滋支部の取り組みについては、新支部長に立命館大学国際関係学部の渡邊松男教授をむかえ、アフターコロナを見据えた活動計画を立案中です。新支部長との引き継ぎ作業中で、2022年1月からは新体制が発足予定です。

第6波の襲来も懸念されますが、Zoomでの活動にくわえ、対面も含めた支部活動の検討も行っています。とくに修士、博士の大学院生を大会発表に促すことを第一に、院生のための対面も含めた研究交流会を実施していく予定です。

コロナ禍では、本来9月に入学であった外国人留学生は、入国延期を余儀なくされていましたが、幸い、JICA枠の院生の入国も順次再開されており、不安を抱いている留学生のためにも、支部レベルでの研究交流会は開催が待たれています。

今のところ、2022年1~3月には支部総会を再開し、大学院生の研究交流を行ない、2022年の春季大会への参加を促す予定です。これらの成果については次回以降のニュースレターで報告したいと思います。

京滋支部
支部長・黒川清登(立命館大学)




最終活動報告『内なる国際化』研究部会(2021年11月)

本研究部会は、2021年9月で3年間の活動を終了した。活動後半の1年半は、COVID-19の影響により当初の計画通り実施できない活動もあったが、3年間を振り返ると、学会メンバーの皆様から、多大な支援と協力をいただいた。本研究部会で実施した調査・勉強会を具体的に振り返る。

2019年度は、飲食店およびコンビニで働く外国人留学生に関する調査・勉強会、医療通訳を含む在日外国人の医療に関する調査・勉強会、ベトナムにおける技能実習候補生に関する調査・勉強会を実施した。

2020年度は、日本における難民に関する勉強会、外国人留学生と地域社会に関する調査・勉強会を実施した。

2021年度は、COVID-19の影響で、対面で勉強会や調査を実施することは困難な状況になり、予定していた活動が、十分できたとは言い難いことが反省点である。しかし、上記の調査・勉強会で行なってきた活動を、中途半端に終わらせるのではなく、他の研究会や科学研究費などで実施する研究活動へとつなげる目途を立てることができた。

本研究部会の活動は、研究者だけでなく、企業・地方公共団体・NPO/NGOで活躍する人々と協力関係のネットワークを構築することができたことに大きな意味があった。さまざまな立場の人々と協働することの大切さは、今後の研究活動においても胸に刻んでおきたい。最後に、本研究部会を理解し、支援してくださった皆様に、心より感謝申し上げます。

『内なる国際化』研究部会
代表:小林 かおり(椙山女学園大学)