1. HOME
  2. ACTIVITIES
  3. RESEARCH GROUPS
  4. 市場・国家とのかかわりから考える地域コミュニティ開発

RESEARCH GROUPS

研究部会

RESEARCH GROUPS

市場・国家とのかかわりから考える地域コミュニティ開発

Exploring Local Community Development in View of Market-State-Community Relations

主査:真崎克彦(甲南大学)

経済成長は幸せや繁栄をもたらすので、国家が率先して成長戦略を策定し、国際社会において富の獲得にいそしむ。こうした成長至上主義がグローバルな広まりを見せる中、生産拡大の追求に偏った利潤追求や開発主義が世界各地で生起してきた。

こうした問題意識より注目されているのが、地域コミュニティを基盤とした社会づくり(=「地域コミュニティ開発」)である。人どうしの顔の見えやすいコミュニティを舞台として、地元の経済的自立、共同体維持、自然環境の保全を通して地域共生を振興する取り組みである。

本研究では、地域コミュニティと市場や国家との関係性に注目する。そうすることで「市場や国家に頼ることなく、地域が主体となったコミュニティ開発を目指す」といった平板な理解に囚われない、ダイナミックな地域コミュニティ開発像を考察したい。市場経済化の進展で人間の自由や自律の度合いが高まっても、地域共同体の維持が難しくなるとは限らない。あるいは、国家による市場経済振興が、地域のつながりや経済的自立を損なうとも限らない。こうした点を踏まえた社会づくりのあり方の探究である。

本研究部会のこの視座は、次の点でも有意である。地域住民の生活範囲が広まりを見せ、地域の地理的・社会的な境界がより曖昧になる(=地域の「脱領域化」が進む)中、市場や国家との関わりを通した地域コミュニティ開発の探究が重要課題となっている点である。 本研究では、定例会合や大会企画セッションにて経過報告を行うとともに、学会誌の特集や共著書を通した成果の公表を目指す。